人により通う場所が変わる

化粧

性別関係なく働ける

メイクアップアーティストとして活躍している人の中には、女性だけではなく男性もいます。一流芸能人の専属になったり、美容メーカーに就職したり、人によって働く場所は変わってきますが、メイク専門学校を卒業することでより深い勉強をすることができるでしょう。

美容専門学校へ行く

メイクの仕事をしている人の中には、メイク専門学校ではなく美容専門学校を卒業している人もいます。美容専門学校は美容師を目指している人が通う場所ですが、メイクアップアーティストになった場合は、いろんな人を手がける必要があります。ヘアースタイルによって似合う化粧が変わってきますし、髪色によって栄える色が異なってきます。そのため、美容専門学校で2年間学び、美容師の国家資格を取得してメイクの勉強を始める人もいます。

メイク専門学校へ行く

メイク専門学校にはいろいろなコースが用意されていますが、ほとんどは1年次と2年次に分かれています。1年次は短い期間となりますが、メイクに必要となる知識を習得することができます。早く仕事に就きたい人や、プロとし活躍したい人に向いていると言えるでしょう。2年次は1年次よりもより深い勉強をすることができます。専門的な知識や技術をマスターすることができるので、じっくり勉強したい人に向いていると言えます。あらかじめ通いたい期間が決まっている人は、メイク専門学校によってコースが変わってくるので、事前に確認するようにしましょう。